研究室 行動生理学講座 −動物実験施設
  • 研究室案内



   高雄研究室 学会報告一覧  

講演等はこちらをご覧下さい


学会発表

(2021)
Yosefu Arime, Yoshito Saitoh, Yasuo Uchida, Mikiko Ishikawa, Chikako Kamiyoshihara, Kazuki Fujii, Keizo Takao, Noriaki Ohkawa
Chemogenetic activation of prefrontal parvalbumin interneurons in combination with clinically comparable antipsychotic treatment restores working memory deficits in a mouse model of schizophrenia
第44回 日本神経科学大会, 2021, July 28-31 ,神戸コンベンションセンター, 神戸市 (Hybrid 開催)

(2020)
竹内道雄, 坂井俊彦,Andocs Gabor, 高仲強, 高将司, 山下国子, 川原昌宏, 野尻智子, 田中麻 香, 則島あずさ, 尾本吉隆, 大村眞朗, 長岡亮, 高雄啓三,長谷川英之, 超音波散乱波統計解析による癌温熱治療中の腫瘍組織内温度 上昇の非侵襲測定, 第41回 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム 2020 11/25-27 (オンライン開催)

藤村耕平, 仙道水月, 藤井一希, 吉田知之, 高雄啓三. 共母体免疫活性化は胎児の脳における Ptprd 遺伝子微小エクソン選択調節を撹乱する. 第67回日本実験動物学会総会, 2020, (誌上開催)

淺野雄輝, 藤井一希, 長谷川昌也, 廣林茂樹, 高雄啓三. 非調和解析(NHA)を用いたマウス呼吸の時間周波数解析 第67回日本実験動物学会総会, 2020, (誌上開催)

竹内 道雄, 坂井 俊彦, Andocs Gabor, 高雄 啓三,長岡 亮,長谷川 英之, ラジオ波加熱されたラット腫瘍内の超音波散乱波統計波の統計解析による温度変化測定, 日本超音波医学会第93回学術集会 2020/5/22-24 仙台国際センター(仙台)

尾本吉隆,長谷川英之,長岡 亮,竹内道雄,坂井俊彦,Gabor Andocs,高雄啓三, 超音波エコー振幅分布モデルへの整合誤差の評価による散乱体密度推定精度の向上. 日本音響学会 2020年春季研究発表会 2020年3月16日(月),17日(火),18日(水) 埼玉大学

(2019)
Ohashi R, Nakayama K, Takao K, Shiina N. RNA granule protein RNG105 (caprin1) regulates dendritic mRNA localization and contributes to synaptic potentiation. 第42回日本分子生物学会年会; 2019 Dec 3-6; 福岡 (口頭)

竹内 道雄, 坂井 俊彦, Andocs Gabor, 高雄 啓三,長岡 亮,長谷川 英之, 超音波散乱波統計解析によるラジオ波加熱されたラット腫瘍組織内温度上昇の非侵襲測定, 第40回 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム 2019 11/25-27 明治大学駿河台キャンパス「アカデミーコモン」(東京)

Fujii K., Koshidaka Y., Adachi M., Yanagibashi Y., Matsuo M., Nishizono H., Aizawa Y., & Takao K. (2019). Mice deficient in Akain1, a novel protein kinase A-binding protein, exhibit decreased pain sensitivity and impaired context discrimination, 49th Annual meeting of Society for Neuroscience, October, 19-23, 2019, Chicago, IL, U.S.A.

Yamagishi S., Eto F., Shinoda Y., Ogawa S., Yao I., Takao K., Miyakawa T., & Sato K. (2019). Increased social interaction and anxiety-like behaviors in FLRT2 deficient mice, 49th Annual meeting of Society for Neuroscience, October, 19-23, 2019, Chicago, IL, U.S.A.

Takao K., Fujii K., Koshidaka Y., Adachi M., Yanagibashi Y., Matsuo M., Nishizono H., & Aizawa Y. (2019). Mice deficient in Akain1, a novel protein kinase A-binding protein, exhibit decreased pain sensitivity and impaired context discrimination, 18th Annual meeting of MCCS (The Molecular and Cellular Cognition Society) meeting, October, 17-18, 2019, Chicago, IL, U.S.A.

藤井 一希,腰高 由美恵,安達 真由美,柳橋 裕子,松尾 美奈,西園 啓文,相澤 康則,高雄 啓三. 新規プロテインキナーゼA(PKA)結合タンパクAkain1 欠損マウスは痛覚感受性低下と類似条件弁別障害を示す, 2019, Sep 11-13, 日本心理学会第83回大会, 茨木市

Kazuki Fujii, Yumie Koshidaka, Mayumi Adachi, Yuko Yanagibashi, Mina Matsuo, Yasunori Aizawa, Keizo Takao. Mice deficient in Akain1, a novel protein kinase A-binding protein, exhibit decreased pain sensitivity and impaired context discrimination. 第42回 日本神経科学大会, 新潟市 ,2019, July 25-28 ,朱鷺メッセ, 新潟市

Ohashi R, Kimori Y, Shiina N. Dendritic localization of mRNAs for Arf GEFs and GAPs that are involved in spine formation/maturation and AMPAR surface expression in dendrites. 第42回 日本神経科学会 Neuro2019; 2019 Jul 25-28; 新潟市

Ryuichi Nakajima, Satoko Hattori, Hirotaka Shoji, Keizo Takao, Seth G.N. Grant, Tsuyoshi Miyakawa. Comprehensive behavioral analysis of heterozygous SynGap1 knockout mice. 第42回 日本神経科学大会, 新潟市 ,2019, July 25-28 ,朱鷺メッセ, 新潟市

Satoru Yamagishi, Fumihiro Eto, Yo shinoda, Shuhei Ogawa, Ikuko Yao, Keizo Takao, Tsuyoshi Miyakawa, Kohji Sato. Repulsive guidance molecule FLRT2 regulates social behavior. 第42回 日本神経科学大会, 新潟市 ,2019, July 25-28 ,朱鷺メッセ, 新潟市

Mohamed Ibrahem Darwish, Takahiro Endo, Kyosuke Uno, Keizo Takao, Hirofumi Nishizono. Investigation into the role of Glra4, a functionally unknown subunit of glycine receptors, in brain function and neurological disorders. 第42回 日本神経科学大会, 新潟市, 2019, July 25-28 ,朱鷺メッセ, 新潟市

仙道 水月、和泉 宏謙、今井 彩子、 高雄 啓三、森 寿、吉田 知之, シナプスオーガナイザーPtprd 遺伝子の微小エクソン選択調節の生理的意義, 日本生化学会北陸支部 第 37 回大会 2019 6/1 ハピリンホール(福井)

竹内 道雄, 坂井 俊彦, Andocs Gabor, 高雄 啓三,長岡 亮,長谷川 英之, 生体の深部加温実験における超音波散乱波の統計的解析による内部温度変化測定, 第84回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会 2019 5/19(日) 岡山コンベンションセンター

竹内 道雄, 坂井 俊彦, Andocs Gabor, 高雄 啓三,長岡 亮,長谷川 英之, 生体の深部加温実験における超音波散乱波の統計的解析による内部温度変化測定, 日本超音波医学会第92回学術集会 2019 5/26(日) 国際館パミール(東京)

新山 貴仁, 藤村 耕平, 藤井 一希, 笹川 恵理, 腰高 由美恵, 安達 真由美, 高雄 啓三. メラトニン産生能が異なるマウス系統におけるメラトニン投与による行動特性変化の解析. 第66回日本実験動物学会, 2019年5月15日-17日, 福岡国際会議場, 福岡市

竹内 道雄, 坂井 俊彦, Andocs Gabor, 高雄 啓三,長岡 亮,長谷川 英之. 生体の深部加温実験における超音波散乱波の統計的解析による内部温度変化測定. 第84回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会, 2019, May 19, 岡山市

竹内 道雄, 坂井 俊彦, Andocs Gabor, 高雄 啓三,長岡 亮,長谷川 英之. 生体の深部加温実験における超音波散乱波の統計的解析による内部温度変化測定. 日本超音波医学会 第92回 学術集会, 2019, May 26, 東京

安藤 千紘、西谷 直也、橋本 恵美奈、永井 佑茉、高雄 啓三、宮川 剛、中川 貴之、森 泰生、永安 一樹、白川 久志、金子 周司, TRPM2欠損マウスにおける網羅的行動解析TRPM2 confers susceptibility to social stress but is essential for behavioral flexibility, 第92回 日本薬理学会年会, 2019, Mar 14-16, 大阪市

Masaya Hasegawa, Ahmad Naif Syaihan Bin Juanda Ruha, Kanna Hirobayashi, Kazuki Fuji, Keizo Takao, Kyo Noguchi, Shigeki Hirobayashi, High-resolution MR image by high precision signal analysis method for accurately analyze complex signals, 2019, Mar 4, San Francisco, California, United States

藤井 一希, 腰高 由美恵, 安達 真由美, 高雄 啓三. Effects of chronic fentanyl administration on behavioral characteristics of mice.平成30年度文部科学省新学術領域研究 学術研究支援基盤形成先端モデル動物支援プラットフォーム成果発表会, 2019年1月30-31, 琵琶湖ホテル, 大津市

山下 映, 藤井 一希, 腰高 由美恵, 安達 真由美, 笹川 恵理, 中川 真一, 高雄 啓三, 椎名 伸之. ストレス応答性翻訳制御因子NFAR2 の天然変性領域欠損マウスの網羅的行動解析. 平成30年度文部科学省新学術領域研究 学術研究支援基盤形成先端モデル動物支援プラットフォーム, 2019年1月30-31, 琵琶湖ホテル, 大津市

山岸 覚, 衛藤 史博, 篠田 陽, 小川 修二, 矢尾 育子, 宮川 剛, 高雄 啓三, 佐藤 康二.  Repulsive guidance molecule FLRT2 regulates neuronal migration and social. 平成30年度文部科学省新学術領域研究 学術研究支援基盤形成先端モデル動物支援プラットフォーム, 2019年1月30-31, 琵琶湖ホテル, 大津市

服部 聡子、昌子 浩孝、高雄 啓三、宮川 剛 行動学的解析支援-大規模行動解析データの二次利用方法と行動解析用ソフトウエアの紹介.平成30年度文部科学省新学術領域研究 学術研究支援基盤形成先端モデル動物支援プラットフォーム, 2019年1月30-31, 琵琶湖ホテル, 大津市

安達 貴弘, 高雄 啓三, 永石 宇司, 渡部 太郎. IgA 欠損マウスにおける生体機能に関する解析, 平成30年度文部科学省新学術領域研究 学術研究支援基盤形成先端モデル動物支援プラットフォーム, 2019年1月30-31, 琵琶湖ホテル, 大津市

 

(2018)
山下 映、藤井 一希、腰高 由美恵、安達 真由美 、笹川 恵理、中川 真一、高雄 啓三、椎名 伸之.ストレス応答性翻訳制御因子NFAR2の天然変性領域欠損マウスの網羅的行動解析,第41回日本分子生物学会年会, 2018年11月28-30, パシフィコ横浜, 横浜市

S. YAMAGISHI, Y. SHINODA, S. OGAWA, T. MIYAKAWA, K. TAKAO, K. SATO. Repulsive axon guidance molecule FLRT2 regulates neuronal migration and social behavior. 48th Annual meeting of Society for Neuroscience, November, 3-7, 2018, San Diego, U.S.A.

T. KATANO, K. TAKAO, M. ABE, M. YAMAZAKI, M. WATANABE, T. MIYAKAWA, K. SAKIMURA, S. ITO. Protein distributionand functional characterization of CASK-interacting protein 1 (Caskin1) in mice. 48th Annual meeting of Society for Neuroscience, November, 3-7, 2018, San Diego, U.S.A.

M. I. DARWISH, K. UNO, K. TAKAO, H. NISHIZONO. Generation of glycine receptor alpha 4 knockout mice using high-efficient modified CRISPR-Cas9 protocol. 48th Annual meeting of Society for Neuroscience, November, 3-7, 2018, San Diego, U.S.A.

西園啓文, Darwish Mohamed lbrahem, 澤田瞳子, 高雄啓三. Pelizaeus-Merzbacher disease様ヒト先天性大脳白質形成不全症に関わるグリシンレセプターα4ノックアウトマウスの作製と病熊解析 Generation and characterization of glycine receptor algha 4 subunit (Glra4) knockout mice, 第41回日本神経科学大会, 2018年7月26-29, 神戸コンベンションセンター, 神戸市

田中輝幸, 奥田耕助, 高雄啓三, 渡邉 紀, 水口 雅, 宮川 剛, Cdkl5ノックアウトマウスの網羅的行動解析の結果、不安・恐怖関連行動の著しい亢進、うつ様行動と社会性の特異な変化と、空間記憶の獲得と保持の障害が明らかとなった。 Comprehensive behavioral analysis of the Cdkl5 knockout mice revealed significant enhancement in anxiety-and fear-related behaviors,unique alteration in depressive-like behaviors and social interaction, andimpairment in both acquisition and long-term retention of spatial reference memory, 2018年7月26-29, 神戸コンベンションセンター, 神戸市

片野泰代, 高雄啓三, 阿部 学, 山崎真弥, 渡辺雅彦, 宮川 剛, 崎村建司, 伊藤誠二. CASK-interacting_protein 1 (Gaskin 1)の中枢神経系における機能的特徴の解析 Functional characterization of CASK-interacting_protein 1 (Gaskin 1) in mouse,第41回日本神経科学大会, 2018年7月26-29, 神戸コンベンションセンター, 神戸市

河合喬文, 高雄啓三, 崎村健司, 宮川剛, 岡村康司. ミクログリアに発現する電位依存性プロトンチャンネルの加齢依存的な機能 Age-dependent regulatory function of microglial voltage-gated proton channel. 第41回日本神経科学大会, 2018年7月26-29, 神戸コンベンションセンター, 神戸市

山岸 覚, 篠田陽, 小川修平, 宮川 剛, 高雄啓三, 佐藤康二. 神経軸索ガイダンス分子FLRT2による社会性行動制御 Repulsive axon guidance molecule FLRT2 regulates neuronal migration and Social Behavior, 第41回日本神経科学大会, 2018年7月26-29, 神戸コンベンションセンター, 神戸市

木村公洋, 藤井一希, 腰高由美恵, 安達真由美, 松尾美奈, 柳橋裕子, 斉藤貴志, 西道隆臣, 高雄啓三. APPノックインマウスの若齢期における行動表現型解析, 第65回日本実験動物学会総会, 2018年5月16-18日, 富山県民会館, 富山市

藤井一希, 腰高由美恵, 安達真由美, 高雄啓三. 合成オピオイドフェンタニルの慢性投与がマウスの行動特性に与える影響, 第65回日本実験動物学会総会, 2018年5月16-18日, 富山県民会館, 富山市

上野浩司, 高雄啓三, 藤井一希, 末光俊介, 岡本基, 石原武士. マウス大脳皮質におけるアグリカン陽性ペリニューロナルネットの発現 第95回日本生理学会大会, 2018年3月28-30日, サンポートホール高松, 高松市

高雄啓三, Behavioral physiological approach to the pathology and treatment of psychiatric disorders, 第8回新潟大学脳研究所共同研究拠点国際シンポジウムThe BRI International Symposium 2018, 2018年2月10-11日, 新潟大学, 新潟市

(2017)
北野翔平, 金子真也, 高雄啓三, 相澤康則. ノンコードゲノム領域の機能理解へのGenome Architectureの試み. 2017年度生命科学系学会合同年次大会 ConBio2017 ; 2017 Dec 6-9 ; 神戸ポートアイランド, 神戸市

上野浩司, 高雄啓三, 末光俊介, 岡本 基, 石原武士. マウス大脳皮質におけるパルブアルブミンニューロンと神経細胞周囲網の年齢に関連した変化. 2017年度生命科学系学会合同年次大会 ConBio2017 ; 2017 Dec 6-9 ; 神戸ポートアイランド, 神戸市

梅田知宙、木村哲也、吉田佳世、高雄啓三、藤田有紀、松山正剛、酒井亜由美、山下港、山下優希、大西紀陽久、鈴木真美子、詫間浩、宮川剛、高島明彦、森田隆、森啓、富山貴美. Osaka変異ノックインマウスの作製と劣性遺伝性ADの発症機序の解明, 第36回日本認知・情動脳科学証学会学術集会, 第36回日本認知・情動脳科学証学会学術集会, 2017年11月24-26日, 石川県立音楽堂, 金沢市

Satoko Hattori, Hirotaka Shoji, Keizo Takao, Tsuyoshi Miyakawa, Mouse behavioral phenotype database. Advances in Neuroinformatics, 2017年11月20日-21日, 理化学研究所, 和光市

J. Borovac, T. Luyben, K. Takao, K. Okamoto, Bidirectional role of postsynaptic cAMP and cGMP in synaptic plasticity and memory. 47th Annual meeting of Society for Neuroscience, November, 11-15, 2017 (発表は14日), Washington DC, U.S.A. Poster

T. Tanaka, K. Okuda, S. Kobayashi, M. Fukaya, K. Takao, A. Watanabe, T. Murakami, M. Hagiwara, S. Komano- Inoue, H. Manabe, M. Yamaguchi, H. Sakagami, T. Miyakawa, M. Mizuguchi, T. Manabe, CDKL5 controls postsynaptic localization of GluN2B-containing NMDA receptors in the hippocampus, and regulates seizure susceptibility, as well as emotional behaviors and memory. 47th Annual meeting of Society for Neuroscience, November, 11-15, 2017 (発表は13日), Washington DC, U.S.A. Poster

高雄啓三「こころ」の物質的基盤を探る行動生理学的アプローチ (富山大学 高雄研の紹介),第9回 光操作研究会,2017年10月21日-22日,東北大学,仙台市 Poster

吉田知之、山形敦史、田端彩子、和泉宏謙、城島知子、金 主賢、深田優子、深田正紀、高雄啓三、森 寿、深井周也「シプナスオーガナイザー遺伝子点変異導入マウスを用いた神経発達障害発症機構の解明」, 第39回日本生物学的精神医学会,第47回日本神経精神薬理学会,2017年9月28日- 30日札幌コンベンションセンター,札幌市

上田(石原)奈津実, 深澤有吾, 鈴木悠大, 増田啓吾, 高雄啓三, 宮川 剛, 尾藤晴彦, 木下 専. 空間弁別に必要なセプチン依存的シナプス制御. 第40回日本神経科学大会; 2017 Jul 20-23; 千葉

田中輝幸, 奥田耕助, 小林静香, 村上拓冬, 深谷昌弘, 高雄啓三, 渡邊 紀, 萩原 舞, 阪上洋行, 水口 雅, 宮川 剛, 真鍋俊也. West 症候群・Rett 症候群の原因遺伝子CDKL5の相互作用蛋白探索とloss-of -function 解析による統合的機能解明. 第40回日本神経科学大会; 2017 Jul 20-23; 千葉.

梅村真理子, 小倉多恵, 金子泰之, 中野春男, 高橋 滋, 高雄啓三, 宮川 剛, 高橋勇二. 転写因子ATF5の欠損は行動異常を引き起こす. 第40回日本神経科学大会; 2017 Jul 20-23; 千葉.

中尾章人, 高雄啓三, 大平耕司, 宮崎直幸, 村田和義, 宮川 剛. 統合失調症モデル Schnurri-2 ノックアウトマウスの歯状回顆粒細胞における三次元電子顕微鏡解析. 第40回日本神経科学大会; 2017 Jul 20-23; 千葉.

陳 以珊, 山本友美, 周 麗, 夏目里恵, 今野幸太郎, 上杉志成, 渡辺雅彦, 高雄啓三, 宮川 剛, 崎村健司, 久保義弘. オーファン代謝型受容体 Prrt 3の大脳特異的ノックアウトマウスの行動解析、およびそのリガンド同定に向けた小分子ライブラリーのスクリーニング. 第40回日本神経科学大会; 2017 Jul 20-23; 千葉.

河合喬文, 高雄啓三, 崎村健司, 宮川 剛, 岡村康司. ミクログリアに発現する電位依存性プロトンチャネルの脳内における発現差異とその機能. 第40回日本神経科学大会; 2017 Jul 20-23; 千葉.

(2016)
Kagawa T, Yamaguchi Y, Sudo G, Kokubu Y, Hattori S, Takao K, Miyakawa T, Inazawa J, and Taga T. Astroglial development is regulated by DNA and histone methylation: from molecular basis to behavioral abnormalities in gene-manipulated mice. Cold Spring Harbor Asia meeting on Novel Insights into Glia Function & Dysfunction; 2016 Dec 06; China

村上 拓冬、奥田 耕助、小林 静香、深谷 昌弘、高雄 啓三、近江 信次、渡邊 紀、萩原 舞、阪上 洋行、水口 雅、宮川 剛、真鍋 俊也、田中 輝幸,「West症候群・Rett症候群の原因遺伝子CDKL5は後シナプスNMDA受容体局在を制御し、記憶・学習、情動、易痙攣性を調節する」, 第39回日本分子生物学会,2016年11月30日- 12月2日パシフィコ横浜,横浜市

Nakao A, Takao K, Ohira K, Miyazaki N, Murata K, Miyakawa T, Three-dimensional analysis of dendritic spines and mitochondria in dentate gyrus granule cells in Schnurri-2 knockout mice, an animal model for schizophrenia. 46th Annual meeting of Society for Neuroscience, November, 12-16, 2016 (発表は14日), San Diego, U.S.A. Poster

Bhandari P, Parajuli LK, Takao K, Miyakawa T, Kobayashi Y, Tanaka KF, Shigemoto R, Role of R-type calcium channel (Cav2.3) in medial habenula to interpeduncular nucleus pathway. 46th Annual meeting of Society for Neuroscience, November, 12-16, 2016 (発表は13日), San Diego, U.S.A. Poster

Yamaguchi Y, Hattori S, Takao K, Okumura Y, Suenaga S, Ishii I, Honda A, Ogawa M, Usui S, Miyakawa T, Tutorial contents on neuroinfomrmatics platforms. 46th Annual meeting of Society for Neuroscience, November, 12-16, 2016 (発表は12日), San Diego, U.S.A. Poster

大橋りえ/ Rie Ohashi, 高雄啓三/ Keizo Takao, 宮川剛/ Tsuyoshi Miyakawa, 椎名伸之/ Nobuyuki Shiina. Comprehensive behavioral analysis of RNG105 heterozygous mice: reduced social interaction and attenuated response to novelty. 「RNG105 ヘテロマウスの網羅的行動解析―社会的相互作用・新奇対象への反応の低下」, 第39回日本神経科学大会, 2016年7月20-22日(発表は22日), パシフィコ横浜, 横浜市 口頭発表

村上拓冬/ Takuto Murakami, 奥田耕助/ Kosuke Okuda, 小林静香/ Shizuka Kobayashi, 深谷昌弘/ Masahiro Fukaya, 高雄啓三/ Keizo Takao, 渡邉紀/ Aya Watanabe, 萩原舞/ Mai Hagiwara, 阪上洋行 / Hiroyuki Sakagami, 水口雅 / Masashi Mizuguchi, 宮川剛/ Tsuyoshi Miyakawa, 真鍋俊也/ Toshiya Manabe, 田中輝幸/ Teruyuki Tanaka. CDKL5 controls postsynaptic NMDA receptor localization and regulates memory, emotion and seizure susceptibility. 「West症候群・Rett症候群の原因遺伝子CDKL5は後シナプスNMDA受容体局在を制御し、記憶・学習、情動、易痙攣性を調節する」, 第39回日本神経科学大会, 2016年7月20-22日(発表は22日), パシフィコ横浜, 横浜市 口頭発表

上野浩司/ Hiroshi Ueno, 横内美保子/ Mihoko Yokouchi, 石原武士/ Takeshi Ishihara,末光俊介/ Shunsuke Suemitsu, 高雄啓三/ Keizo Takao, 宮川剛/ Tsuyoshi Miyakawa, 岡本基/ Motoi Okamoto. Altered Perineuronal net expression in autistic-like behavior in FcγRIIB knockout mice. 「自閉症様行動を示すFcγRIIB欠損マウスはPerineuronal netsの発現が変化している」, 第39回日本神経科学大会, 2016年7月20-22日(発表は21日), パシフィコ横浜, 横浜市 Poster

Keizo Takao, Immature dentate gyrus as a candidate endophenotype of psychiatric disorders accompanied by memory impairments. 平成28年度新学術領域班会議「多様性から明らかにする記憶ダイナミズムの共通原理」, 2016年6月27-29日, ヤマハリゾートつま恋, 静岡県掛川市 Poster

Satoko Hattori, Hirotaka Shoji, Keizo Takao, Tsuyoshi Miyakawa, Mouse Behavioral Phenotype Database. INCF Japan International Workshop: Advances in Neuroinformatics, 2016年5月28-29日(発表は28-29日), 理化学研究所, 埼玉県和光市 Demonstration

Keizo Takao, Hirotaka Shoji, Satoko Hattori, Tsuyoshi Miyakawa, The effect of the time of day on mice behaviors measured in a comprehensive behavioral test battery. 包括型脳科学研究推進支援ネットワーク冬のシンポジウム, 2015年12月17-19日(発表は18日), 一橋大学一橋講堂, 東京都千代田区 Poster


連絡先:takao [at] cts.u-toyama.ac.jp