生命科学実験センターゲノム機能解析分野

研究内容
メンバー
研究室の様子
その他

●業績
  活動一覧


TOP
施設
大学HP
カウンター
お知らせ:2022年1月6日 トップページを更新しました。
        
       

この研究成果の説明 ⇒



   タンパク質分解系に着目したピレスロイド系農薬デルタメトリンによる神経毒性の発現機序の解明         

  オートファジーおよびユビキチンプロテアソーム系は、細胞内において協調的に働く主要なタンパク質分解系であり、細胞の生存や機能維持に必要不可欠である。本研究により、ピレスロイド系農薬デルタメトリンの曝露により誘導される神経毒性においてはプロテアソームの活性低下、並びにミトコンドリアを基質としたマイトファジーの活性化が引き起こされ、両タンパク質分解系の不均衡状態が生じていることが初めて明らかになった。これらの成果は化学物質の神経毒性を評価する予測的なエンドポイントとして活用できると考えられる。

 参考文献: Toxicol Appl Pharmacol. 2021 Nov 1;430:115723. doi:10.1016/j.taap.2021.115723

この図の拡大版 ⇒


連絡先:
富山大学生命科学先端研究支援ユニットゲノム機能解析研究室
〒930-0194 富山市杉谷2630番地 
TEL 076-434-7186 FAX 076-434-5176
E-mail:ytabu(ここに@)cts.u-toyama.ac.jp