研究室 行動生理学講座 −動物実験施設
  • 研究室案内



   高雄研究室(行動生理学・実験動物学) 

【概要】
「こころ」は脳が司る機能のひとつとされている。この機能のために脳はさまざまな情報を受容して処理するが、その最終の出力は個体の行動という形で発現する。
現代の科学をもってしても「こころ」を直接的に研究することは困難であるが、その物理的な基盤である脳とその最終的な発現である行動を対象とすることで科学的に研究を行うことができる。

当研究室では、行動遺伝学、行動薬理学、光遺伝学、生理学等の手法を用いて記憶・学習、情動などのこころの物質的基盤の解明、および精神・神経疾患の病態解明と治療法の開発を目指して研究を進めています。また、これらの研究に用いる新しい遺伝子改変マウスの作製や、生殖・発生工学技術の開発も行っています。


【研究室の構成】 
高雄研は医学系の研究室であり、医学部医学科(行動生理学講座)、大学院 医学薬学教育部 医科学専攻(行動生理学)、大学院 生命融合科学教育部 認知・情動脳科学専攻(行動生理学)、生命科学先端研究支援ユニット   動物実験施設・アイソトープ実験施設、アイドリング脳科学研究センター(行動生理学)から構成されています。

教授:高雄啓三  

講師:倉林伸博(アイソトープ実験施設)
助教:藤井一希(動物実験施設)
研究員:大橋りえ(日本学術振興会 特別研究員PD)
特命助教:小池誠一(学術研究部 工学系)

動物実験施設 技術専門職員2名、技術職員4名、技能補佐員2名、事務補佐員1名

アイソトープ実験施設  技能補佐員2名

博士課程大学院生:  
Mohamed Ibrahem(生命融合科学教育部 認知・情動脳科学専攻)
木村公洋(生命融合科学教育部 認知・情動脳科学専攻)
笹川恵理(生命融合科学教育部 認知・情動脳科学専攻)
修士課程大学院生:
沼田和也(医学薬学教育部 医科学専攻)
淺野雄輝(理工学教育部 知能情報学専攻)
学部生:
新山貴仁(医学部医学科 研究医養成プログラム)
藤村耕平(医学部医学科 研究医養成プログラム)
森脇雄介(工学部 生命工学科) 

高雄研の Facebook ページはこちら。  

過去のメンバー:
西園啓文(2010.4 〜 2020.3 動物実験施設 助教) 
Jelena Borovac (2016.11 〜2017.7 特別研究学生, Awardee of the Weston Brain Institute International Fellowship in Neuroscience )

卒業生:
藤井一希(生命融合科学教育部 認知・情動脳科学専攻, 2020.3 博士(医学)授与)
池風F明(医学薬学教育部 生命・臨床医学専攻, 2016.9 博士(医学)授与)


【学部・大学院での学生受け入れについて】
当研究室は医学部医学科の基礎配属実習の受け入れ講座になっており、大学院進学時に早期修了の対象となる「研究医養成プログラム」にも対応しています。大学院は医学系行動生理学講座として大学院生(修士課程、博士課程)を募集しています。修士課程は医学薬学教育部(医学系)で医科学修士を、博士課程は生命融合科学教育部 認知・情動脳科学専攻で医学博士の取得を目指すコースになります。
富山大学大学院には、秋季入学制度や転入学、社会人特別選抜制度もあります。就業したまま大学院に入学することも可能です。

出身学部等を問わず、意欲ある方の参加をお待ちしております。学費補助もあります。興味のある方はご連絡ください。

tayo.jpによる大学院研究室紹介は こちら をご覧ください。
生命融合科学教育部による研究紹介は こちら をご覧ください。
大学院入試情報は こちら をご覧ください。

 7月4日(土) 生命融合科学教育部では三専攻合同オンライン説明会を実施します!

オンライン面談の申し込みはこちらです。 


連絡先:takao [at] cts.u-toyama.ac.jp